小児歯科で磨く子どもの歯知識|定期検診でピカイチ健康な歯

歯医者

親と一緒に予防

子供

子どもの口腔内に健康を維持することは、親の指導と管理が大切になってきます。吹田の小児歯科では、子どもの歯や顎の成長についてしっかり説明をして、正しい処置や予防のアドバイスを行なっていきます。子どもの口腔内の現状について知ることで、今後どのような治療を行うのかも詳しく判断することが出来ます。幼稚園から小学生の頃は乳歯ですから、この時から正しい虫歯や歯周病の予防、正しい歯の磨き方などを身につけておくことが大切です。幼稚園から小学生の間に正しい歯の磨き方などを習慣づけることで、乳歯から大人の歯になっても虫歯や歯周病を回避することが出来ます。小さい頃から身につけておくことは、大人になった時の口腔内環境に大きく関わってきます。また、顎の成長を生かし矯正治療を行うことも出来ます。さらに、歯や骨格の成長に支障がでてしまう症状を、早い時期から見つけることで様々な症状を回避することが可能です。

吹田の小児歯科では、子どもそれぞれの歯の生え方によって、正しい歯のブラッシング方法や、個人個人に合った歯ブラシの選び方を指導しています。その際には、親にも仕上げ磨きなどの方法も同時に教えています。また、虫歯にならないようにするために、フッ素を歯に塗布し、歯質を強いものにします。これは、乳歯だけではなく、生え始めた永久歯にもとても効果が期待できます。さらに、食べかすが溜まってしまう、奥歯の溝をシーラントを呼ばれる、歯科専用のプラスチックで溝を埋めます。そうすることで、歯磨きの磨き残しを心配することも必要なく、虫歯を効果的に予防します。子どもの歯を守るためには、吹田の小児歯科で予防や治療を行ないましょう。